「東国文化副読本」の平成29年度版が完成しました。

「東国文化副読本」の平成29年度版が完成しました。

県では、多くの子どもたちが古代東国文化の中心地であった群馬が果たした大きな役割を知り、郷土の歴史や文化に興味を持ってもらいたいとの思いから、「東国文化副読本」を作成し、県内の全中学1年生に配布しております。

 群馬がなぜ東日本最大の古墳大国になったのかや当時の暮らし、代表的な史跡などについて、写真やイラストを使用してわかりやすく解説しています。

県民の皆さんに本県の魅力ある歴史文化遺産を再認識していただくきっかけとして、是非ご活用ください。

 

1 「東国文化副読本」の販売について

下記の県内各書店で購入できます(税込200円)。事前に各書店に問合わせの上、お買い求めください。

また、次の県機関でも購入できます。

県民センター(県庁舎2階)、行政県税事務所「資料頒布「いま買える県の資料」」

ぐんまちゃん家(ぐんま総合情報センター)

群馬県立歴史博物館

その他の書店

 

2 「東国文化副読本」のデータについて

こちらをご覧ください。